最初から収納スペースがある賃貸物件を選んでおくと、家具を買わずに済みます。とても住み心地が良いです。

賃貸の収納たっぷり物件
賃貸の収納たっぷり物件

賃貸物件を選ぶ時のポイント。

現在住んでいる賃貸物件には収納スペースがたくさんあります。まずは靴箱ですが、これがあることにはびっくりしました。自分の身長の1.5倍程あるスペースがあるため、靴以外にも色々なものが置けて非常に便利です。そして、キッチンにある棚ですが、食器棚を買わなくてもよいくらいたくさんスペースがあります。ただ、水切りカゴを置くスペースがないのが厳しいところですが、1Kの物件なので、そんな贅沢は言っていられません。収納スペースがあるだけ、感謝しなければならないくらいです。

部屋の中にもたくさんの収納スペースがあります。まず、ベッドの下側です。入居時に元々、木製のベッドがついており、その下に色々な物が置けるようになっていましした。引越しの荷物、そして取っておきたいダンボールはベッドの下に置いておくことで、部屋がすっきりしているように見えます。扉もついているため、外側から見える心配もありません。テレビの上側、ベッドにもちょっとした物が置けるようになっていて、テレビ台の下側にも色々な物が置けます。極めつけはクローゼットですが、これがまた広く、使いやすいです。

このように、最初から収納スペースがある物件を選べば、家具に余計なお金を費やす必要はありません。お部屋のインテリアにそれほどこだわりがない人は、家具や家電がついているお部屋を選ぶと良いでしょう。

その他のエントリー