賃貸の収納スペースは狭くて困ることがありますが、工夫次第でたくさんの物が収納できるのでその方法を紹介します。

賃貸の収納たっぷり物件
賃貸の収納たっぷり物件

賃貸の狭い収納スペースを最大限に活用する方法

部屋選びでに重要になってくる項目の一つに収納スペースがあります。戸建てや分譲住宅であればある程度の収納がついていますが、賃貸の物件で収納スペースの多い所を探すのは大変です。賃貸に住んでいても工夫すればたくさん物を収納できる方法があるので紹介したいと思います。収納スペースが狭いとつい新しい箪笥や本棚を買って物を収めようとしてしまいがちですが、まずは自分の持っている物をもう一度手に取って本当に必要かどうか考えてみて下さい。いつか使うかもしれないと思ってとっておいたけれど、何年も使っていない物は意外とたくさんあります。そういった不要な物をまず処分します。

次に、収納スペースに合った大きさの衣装ケースを用意します。しわになりにくい衣類はこの衣装ケースに立ててしまいます。横に入れるよりも立てて入れる方がたくさん入りますし、洋服を選ぶ時も何がどこに入っているのか分かりやすいです。衣装ケースは収納スペースの一番下に並べ、その上にハンガーをかけるポールがついていればジャケットなどのアウターをかけるとすっきりします。普段使う鞄や小物は籠に入れて衣装ケースの上に、普段使わないものは天袋に収納すると使い勝手が良いです。

また、収納スペースが狭いと来客用の布団収納に困ることがあると思います。そんな時は、圧縮袋を使うとかさが減って収納しやすくなるのでお勧めです。狭い収納スペースでも工夫次第で意外と物が入ったりするのでみなさん試してみて下さい。

その他のエントリー