賃貸住宅の収納部分では足りないことが多く、工夫することで収納スペースを作り出すことが出来ます。

賃貸の収納たっぷり物件
賃貸の収納たっぷり物件

賃貸で収納スペースに悩んでいる人へ

賃貸物件には様々なタイプがあります。選ぶポイントも人それぞれ違うので、その人に合う条件で自由に探すことが出来ます。中でも収納部分については誰もが気になる部分と言えます。玄関なら下駄箱、キッチンならつり棚や引き出し、他にも押入れ、洗面所の下など、収納できるところがどれだけあるのかをチェックする人は多いものです。

賃貸住宅の造り付けの収納スペースでは足りない場合が多いです。そのため、あまり使わないお客様用布団を処分して、使う時にだけレンタルする人もいます。またかさばる冬の布団をぺっちゃんこに潰して立てて収納する方法もあります。他にもちょっとの隙間で収納スペースに作り出す人が多くいます。例えばトイレの上の空間を使って棚を手軽に作り出す技があります。賃貸なので壁にキズがつかないように工夫することが大切です。DIYで隙間のサイズにあった棚を格安で作る人もいます。他にも収納がついたベッドを選んだり、おもちゃを収納することができる椅子などを利用する人も多くいます。どうしても荷物が収まりきれない人は、トランクルームを利用している人もいます。

賃貸物件の収納スペースではどうにもならない人は、トランクルームを利用する人もいます。季節のものを入れて、シーズンが来たら入れ替える人もいます。また趣味が広い人には趣味のものを置いてセカンドルームのように使う人もいます。

その他のエントリー