賃貸物件だと釘さえ勝手に打てない、でも収納が足りず部屋が散らかる…等の悩みを手軽に解消する方法

賃貸の収納たっぷり物件
賃貸の収納たっぷり物件

賃貸物件の収納について

賃貸物件の場合、最初から確保されている収納スペースをリフォームで増やすことはできません。でも、自分の工夫次第で満足いく収納スペースを作ることは可能だと思います。賃貸だから…と諦めている人も多いと思いますが、大丈夫。

最近は100円ショップでいろんな整理用品が揃いますが、まずは「つっぱり棒」が効果絶大です。洗面所下収納や台所のシンク下、トイレなどでも簡単に棚を作ることが出来ます。100円ショップのものだと重いものは乗せられませんが、私の主人は独身時代、アパートのトイレ奥壁近くにに「つっぱり棒」をし、壁にもたれせせる形で直接トイレットペーパーを並べていました。つっぱり棒を2本並べ、その上に板を置いたり収納カゴを置くと収納力があがります。100円ショップでも沢山の収納カゴが売られていますが、見せる収納にする場合は少々お高めのカゴや箱を使うとおしゃれな雰囲気になります。更に見えるのがイヤだと思えば、天井近くからカフェカーテンをこれまた「つっぱり棒」で下げれば、ごちゃごちゃ感もなくなりスッキリ見せることも出来ます。

ちょっとした隙間に「つっぱり棒」で棚を作るだけで、低コストで簡単に収納力がぐんとアップします。

その他のエントリー