賃貸物件の収納スペースを増やすには、壁を傷つけず自分で棚を取り付けてしまうのも一つの方法です。

賃貸の収納たっぷり物件
賃貸の収納たっぷり物件

賃貸物件に収納用の棚を取り付ける方法

賃貸アパートやマンションでは、収納スペースが足りないことがあります。でも、タンスを持ち込むと場所塞ぎになりますし、引越しのときも大物家具が増えてしまい不便です。そこで、DIYで棚を作ってしまいましょう。もちろん、壁に傷をつけることはできません。じかに釘を打ち込むことはしてはいけません。一つのアイディアとして、自分で柱を作ってしまう、というのがあります。床から天井ほどの長さの、柱になる木材を用意し、アジャスターをとりつけて突っ張り棒の要領でとりつけるのです。あとはこの自作した柱に釘を使って棚を取り付けるだけでオーケーです。引越しのときは棚をばらし、柱をとりはずせばコンパクトになります。

タンスを持ち込むよりすっきりと収納できますし、デッドスペースに合わせてぴったりの棚が作れるのが嬉しいです。「DIYには自信がないからそんなことは無理!」という人は、デッドスペースに合わせてカラーボックスを積み上げてみてはどうでしょう。そのまま積んだだけだと不安定なので、天井とのすきまに突っ張りアジャスターなどをつけて安定させましょう。カラーボックスなら、壁紙や床、天井の色とも合わせられますので、タンスを買うより簡単です。

その他のエントリー