賃貸物件において収納スペースをどのようにつかうのが良いかを考えることは限られた空間を有効に使うために重要です。

賃貸の収納たっぷり物件
賃貸の収納たっぷり物件

賃貸物件において収納スペースをどのように使うのが効果的か

私は収納スペースがあまり大きくない賃貸物件に住んだことがありますが、今はその時の反省を生かして収納スペースが大きい物件に住んでいます。しかし収納スペースが小さい物件というのもそんなに悪いものではないのではないかという発想も以前は持っていましたし、今現在もそこまで気にすることでもなかったのではないかもしれないと思っています。現在収納スペースの大きい物件に住んでいますが、結局のところ、収納スペースにものを詰め込むような形になってしまっており、以前の小さめの収納スペースを使っていた時のようにどのように収納スペースを有効利用するのかということに頭を悩まさなくなりました。

れは良いこととも受け取ることができますが、限られた空間の有効利用という観点から見れば収納スペースは大きければ大きいほど良いと言うことができなくなってしまう可能性を示唆しています。つまり人間はある程度の制約を受けていた方が、全くの自由である場合と比べて“効率”という観点から見て優れた行動をとれるのではないかと考えます。与えられた条件を満たすためにもっとも効率的な方法は何なのかということを追求することに価値があるのだろうと思います。

その他のエントリー