賃貸ではリビングなどの居住スペースの広さだけを見るのではなく、収納スペースが十分なことで広く使えると考えます。

賃貸の収納たっぷり物件
賃貸の収納たっぷり物件

賃貸においては収納スペースが十分なことが大事です

賃貸を探す時には間取り図を確認しますが、慣れないうちは間取りやリビングなどの部屋の居住スペースの広さに目が行きがちです。何度か引っ越しするうちに収納スペースが大事だということに気づきました。間取りが良い部屋や広いリビングが住み心地が良いように思いがちでしたが、収納が十分でなければせっかくの間取りや広さが生かされません。収納しきれないものが部屋の中に置かれることになるからです。日常的に使わないものをしっかりしまって置ける場所があってこそ、居住スペースの広さや快適さが維持できます。

玄関に収納が足りない場合には、収納できない靴が玄関スペースを狭く散らかった状態にしますし、キッチンでは調理スペースが狭くなり、リビングではくつろぐスペースや雰囲気を損ないます。ですから、賃貸を探す際にはリビングなどを広く取っている間取りよりも、多少部屋が狭くても収納が十分な間取りの方を選ぶようにしています。その方が部屋がすっきりと片付くので、狭い部屋も広く感じられ住み心地の良い部屋になります。収納スペースも一カ所に広くあるよりも、玄関には靴の収納、キッチンでは食器というようにそれぞれの場所に細かく設置されている方が、出し入れの使い勝手も良く片付きます。

その他のエントリー