賃貸マンションの収納スペースの確保の仕方や、部屋にあった適切な家具選びについて述べていきます。

賃貸の収納たっぷり物件
賃貸の収納たっぷり物件

賃貸物件の収納スペースについて

新しく大学生になる方や新社会人など、新生活を始めることになる人はいろいろと忙しくなってきている時期かと思います。特に一人暮らしなどの場合は新しく賃貸物件を借りることになるでしょうから、まずはお部屋選びから悩まれている方もいらっしゃるかもしれません。(大学受験を控えている学生さんはそうでもないでしょうが)賃貸物件探しにおいて、とても大切ながら意外に見落としがちなのが収納家具についてかと思います。借りる前にお部屋を見せてもらうことはできるでしょうが、家具のないお部屋しか見れませんでしょうから、実質的なスペースのイメージがつきにくいことも考えられるでしょう。クローゼットがあるお部屋ならいいのでしょうが、そうでないお部屋はスペースの有効活用が必須です。

賃貸物件の場合、大体が洋室のお部屋です。そのため寝るときはベッドでという方が大半かと思います。そこでベッド下のスペースを有効活用するため、収納ボックスを使われるのが良いかと思います。ベッド下のスペースは何気に広く、結構な隙間があるものです。私は一人暮らしをしていたときにはオーディオを置いていました。同じベッドでもロフトベッドを使えば。背の低いクローゼットやハンガーラックくらいは置けるかもしれません。寝るときに天井が近くなり、また高いところを嫌う方には不向きですが、スペース効率は普通のベッドより高くなります。

お部屋は散らかったり、無駄な配置をしているとすぐに狭くなってしまいます。少しでも広いスペースを好まれる方は、効率の良いスペース作りを心がけた方がいいでしょう。

その他のエントリー