賃貸には釘が使えないので、気軽な収納スペースを作りましょう。突っ張り棒やラックを上手に使うのがポイントです

賃貸の収納たっぷり物件
賃貸の収納たっぷり物件

賃貸に気軽な収納スペースを作る

収納のたっぷりある賃貸アパートというのはなかなかないものです。ウォークインクローゼットや納戸、ロフトがあればたっぷり収納できますが、その分家賃が高くなったり、居室スペースがせまくなったりしてしまいます。もし収納の少ないアパートなら、気軽な収納を自分で作ってしまうのもいいと思います。もちろん壁を傷つけることはできないですし、本格的な収納を作ろうと思うとお金もかかりますし、スペースもふさいでしまいます。市販のラックや突っ張り棒を上手に使うのがポイントです。

突っ張り棒は今や収納の基本とも言えるアイテムです。押し入れのような使い勝手の悪い収納スペースでも、突っ張り棒で上手に空間をわけることで使いやすくなります。トイレや洗面所の上部にとりつければ、頭の上の空間も棚になります。さらに、最近よく見るのが、壁に立てかけるタイプのラックです。これはチェストなどを置くより圧迫感がなく、ちょっとおしゃれな収納スペースになります。どの場合でも、備え付けの収納より不安定になりがちなので、できる限りきちんと取り付けて固定することを重視しましょう。限られた居室スペースなのですから、オープンで気軽な収納を心がけたいです。

その他のエントリー